【読書録】『ユダヤ人大富豪の教え』

読書録

本田健さんいう人が20歳の頃にアメリカで出会ったユダヤ人の大富豪から教わった「幸せな」金持ちになるためのお話。

17項目に分けて幸せになるための考え方が記されている。タイトルから見ると、「お金」という印象が強いが、お金に限らずもっと広い意味で豊かに生きるにはどのように考えていけばいいのかということが書かれた本だった。豊かに、幸せになるための本というイメージだった。

もう一つ思ったことは、『嫌われる勇気』・『幸せになる勇気』と言っていることがかなり似通っているということだった。

「物事は解釈次第」
「すべての人の幸せを願う」
「結局世の中は自分が人に対して何をもたらしたか」

この辺りは言っていることがほとんど同じだ。今回の『ユダヤ人大富豪の教え』の方が少し、スピリチュアルな内容が多かったがそれでも部分部分でためになる内容が多かった。

どうしてこの本を読んだのか

この本は、弟から「Amazonで買っといて」と頼まれた本だった。『ユダヤ人大富豪の教え』と『人を動かす』(D・カーネギー)の購入を頼まれたので二冊を注文し、家に届くと弟は先にカーネギーの方を読むと言ったので、僕はユダヤ人の教えを読むことにしたのだ。

弟はというと、ファンである、格闘家の朝倉未来『強者の流儀』を読んで、その中で紹介されていたから読んでみようと思ったのだという。

だから僕がこの本に出合ったのは朝倉未来とそれに影響された弟のおかげなのだ。

社会のしくみ

報酬は何で決まるか?

報酬額とは自分が提供したサービスや商品の質と量にイコールなのだ。だから自分が与えてもらうものにだけフォーカスしている人はいつまでたっても豊かにはならない。

自分が世の中に何を提供するのかを常に考えなければいけない。

自分を知り、好きなことをする

得意なことと好きなことは違う

得意なことと好きなこと、これは混同してしまいがちだ。僕も本を読み進めながら、はっとした。得意なことは、やっていれば周囲から認められ、褒められ、君が必要だと言われ、そのわくわく感にだまされてしまう。

だが、好きなことというのはたとえ一人で打ち込んでいても、何時間時間が経とうがそれすらも忘れてしまうくらい好きなものだ。



好きなことをするには

好きなことをするには、自分がどういう人間なのかを知らなければいけない。僕がこの本を読んでいて思ったのは、『メモの魔力』をもう一度読もうということだ。また、メモを馬鹿みたいにとることももう一度やってみようと思う。

僕は就職活動を終え、ひとまずこの先の道は好きなことをできることになったが、これから就職活動を迎える人にはこの本と『メモの魔力』もオススメしたい。

人生は思考の通りになる

人生は思考の通りになるのだ。だから自分が自分を信頼し(=セルフイメージを高くし)、自分が発する言葉や関わる人間も、自分がなりたい環境に近づけていかなければいけない。

また、ここでもメモ帳を使って自分の内面をしっかりと外に出して、自分の思考をしっかりと目に見える形にしておくことが大切だろう。

人とのつながり

成功したいなら人とのつながり、よく言う人脈を大切にしなければいけない。自分に300人の知り合いがいれば、その一人一人もまたそれぞれ300人の人とつながっているということになる。

だからというわけでもないが、成功したいなら一人一人とのつながりを大切にしなければいけない。偉い人や成功している人ほど、ただの若造が話を聞きに行ってもものすごく丁寧に色々なことを教えてくださるのはそういう考え方が染みついているからなのだろう。

人と接する時には、相手にとっても自分にとっても、また第三者にとっても幸せを願いながら出ないといけない。相手にこれ以上ない幸せが訪れることが願う。

そして、そう思えている自分に感謝するのだと、ユダヤ人の老人は言ったそうだ。

お金の勉強をせねば

当然、この本ではお金に関する話もたくさん出てくる。たくさん稼いで、賢く使って、がっちり守って、投資して、分け合う。

これがお金の法則だそうだ。まず稼ぐというところが大変なんだ!とも思うが、少しずつお金の勉強をしないといけない。いや、少しずつだと現時点で学んでいる人には追い付けない。

ついついお金とは汚いものだという考え方が浮かんでしまうがその考えは正しくない。やはりお金の勉強はしないといけない。

この本をどんな人に勧めるか

これから何かを始める人

まずはこれから事業を始めるという人に勧めたい。僕がもう一度この本をはじめから読むのは、なにか事業を始めようと決心したときになるだろう。

就活生

もう一つは今から就職活動を始めるという人だ。お金の勉強というよりは、どうしたら幸せに働くことができるかという考え方も学ぶことができる。

別に企業をするわけでなくても、好きなことをして精神的に豊かに生きていきたければ、一日で読み終えられる程度の本なので、通学時間に読むことをお勧めしたい。




コメント

タイトルとURLをコピーしました