中学野球

スポンサーリンク
中学野球

少年硬式用木製バットを取り入れたい

ティー打撃の課題 重いバットばかり振っていてもスイングスピードは遅くなり、スイング軌道はドアスイングになり、手首も痛めて最悪の場合は腰椎分離症にもなる。だからティーバッティングでも重いバットで打つのは数に制限をかけてやりたいのだが、...
中学野球

中学球児に送る、「ゴミ拾いのすゝめ」

野球をやっていると、一度は必ず言われるごみ拾い。ゴミ拾いを続けていくと、本当に勝てるようになるのだろうか? 野球はどんなスポーツか 結論、ごみ拾いをすると野球は強くなる。野球の技術が上手くなるかはわからない。ただ、チームは強く...
中学野球

【危機管理】事故を未然に防ぐ、ヒヤリハット「1:29:300の法則」

「危ない!」野球をやっていると、一日に一回はこの声を聴く。打球が思わぬ方向に飛んだり、気が付いたらネットに穴が開いていたりするのだ。この記事では、自己を未然に防ぐための考え方について最近知った法則を紹介したい。 ハインリッヒの法則 ...
中学野球

【LGBT】どうして子どもを下の名で呼び捨てにするのか?

僕は最近、選手を下の名前で呼ぶように心がけている。しかも呼び捨てで。選手なら感じている人もいるかも知れない。もちろん、今までの呼び方を簡単に変えるのは難しいので、苗字で呼び続けている選手もいるが、なるべく下の名前で呼ぶようにしている。さら...
中学野球

【選手募集】個人的に思う体験会で重要なこと

今、どこのチームも人集めに奔走している。学童のイベントに行けば地域の中学野球チームはチラシ配りに来ているし、SNSをはじめ、ホームページも体験会の宣伝一色だ。うちのチームも、ホームページをはじめ、学生コーチのおかげでほぼ毎回投稿が続いてい...
中学野球

大会期間中の成長率はすごい

ボーイズリーグの神奈川県支部では、毎年10月下旬からリスト杯と呼ばれる大きな大会が行われる。少し遅めだが、高校野球でいう秋季大会にあたる位置づけだ。 リスト杯 ボーイズリーグの神奈川県支部では、毎年10月下旬からリスト杯と呼ば...
中学野球

【歴史から学ぶ】江戸時代の会津藩から考えるクラブチームの存在意義

今回はクラブチームの存在意義について考えてみようと思う。部活動にも当てはまることだが、「自分はこういう思いから、ボーイズの活動は大事だと思う!」という考えを示すために、あえてクラブチームにあてはめて考えてみる。 会津藩の「什」という...
中学野球

【危機管理】ノーヘルのバッティングピッチャーの頭部に硬式ボールが当たった

今日、チームの活動中にバッティング練習のピッチャーにライナーの打球が当たった。しかも、そのバッピはヘルメットやヘッドギアを被っていなかったのだ。幸いだったのは、そのバッピを務めていたのが選手ではなく僕だったことと、その後、脳神経外科にかか...
中学野球

【スイングスピード強化】軽いバットを導入してみて

以前、重いバットの弊害について考えたことがある。もちろん、重いバットにも使い方によってはメリットがあるが、うちのチームではどのメニューも900gのバットで行うという慣習があった。これではスイングスピードは速くなりにくいということで、チーム...
中学野球

【強制坊主論】坊主のメリット・デメリット

坊主を全否定するのもいいが、今までずっと続いてきた坊主に存在するはずのメリットも考えておかなければいけない。また、デメリットについても考えておかなければいけないと思う。 坊主頭にするメリット ではさっそく、箇条書き...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました