歴史

スポンサーリンク
読書録

【組織・リーダー】精神論の源流 『不死身の特攻兵』を読んで、指導者のありかたを考えた

大学への行き帰りの電車の中である歴史の本を読んだ。鴻上尚史さんの書いた『不死身の特攻兵』という本だ。9回特攻への出撃命令を受けて、9回死なずに生還した、佐々木友次という男の物語だ。片道の燃料しか積まずに、敵艦隊に突っ込む特攻隊がどのように...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました