【中学野球の坊主①】「坊主の歴史を考えてみる」

野球

坊主って何のため?

高校野球を見ると、ほとんどの選手は坊主頭です。

僕も中学・高校時代は当たり前のように坊主でした。

それどころか高校野球を引退してもどういう髪型にしていいかわからずしばらく坊主にしていました。

6年間ずーっと坊主だったわけです。

どうして坊主にしていたかというと「何となくそういうものだと思っていたから」これ以外にありません。

皆さんも同じような感じではないでしょうか。

明確な理由があって坊主頭にしている野球選手は、一部を除いてあまりいないのではないでしょうか。

そもそもどうして坊主でなければいけないのでしょうか?

最近は坊主廃止論を唱える人もだんだん増えていきています。

今回は野球界における坊主について、まずはその歴史から見ていこうと思います。

坊主の歴史

まずは坊主頭の歴史から見ていきます。

とは言うものの、坊主頭の歴史について明確に記されている資料は見つかりませんでした。

自分自身の考えと、調べて出てきた説をいくつか紹介します。

仏教から?

坊主はかつて我慢の象徴でした。これは高校時代の日本史の先生が話してくれたことです。

仏教において髪の毛は頭から出た煩悩(余計な考え)の象徴だ」というような話だったと思います。※違ったらごめんなさい

それを伸ばさずに切る(刈る)というのが坊主なんだとか。

お寺の和尚さんを想像するとわかると思いますが、今もそうですよね。

軍隊から?

もう一つはよく言われているところですが、野球の坊主には戦争が大きく関係しているという話です。

戦争中、日本の軍隊は基本的には坊主が強制されていました。

これには精神論だけでなく、怪我をした時の手当のしやすさや、戦地で何日も頭を洗えない時の衛生面も考慮されていたようです。

大正期には、男子学生も坊主が基本になり、戦時体制下に入ると軍隊をまねて庶民でも男子はほとんどが坊主になりました。

調べていて衝撃だったのですが戦後も、割と最近まで多くの中学校では校則として強制坊主が残っていたそうです。

確かに、坊主の強制こそされていませんが僕の通った中学校も服装や髪型にはかなり厳しかったです。

坊主は「美しい」ものなのか

これらの歴史がどのようにして野球につながっていったのかは詳しくわかりませんが、どうやら日本人は「坊主頭=美」という感覚を持っていることは間違いないようです。

プロ野球の春季キャンプでも丸刈りで報道陣の前に登場する選手がいると、「気合十分」のような取り上げられ方をします。

最近だと読売ジャイアンツの小林誠司選手の丸刈りが記憶に新しいのではないでしょうか。

WBCのラッキーボーイ小林誠司は丸刈りになってもシャンプーするのか?

この坊主の清いイメージが「高校生らしさ」と結びついて、長いあいだ「高校野球=坊主」の考えを固定化してきたのだと思います。


「野球をやるなら丸刈りが当たり前!」

次の記事ではこの伝統が本当に受け継がれるべきなのか、メリットとデメリットを挙げるところから考えたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました