教育実習で自分の甘さを知った

教育系

6月の3週間、大学で学んだ教職課程の集大成として教育実習へ行った。


実習期間中は忙しくてTwitterもまともに動かせていなかったが、やっと落ち着いたので、少しずつ日常に戻ろうと思う。




思わぬところで苦労した

教育実習で壁にぶち当たった。高校時代から、スポーツができて、そこそこ名のある大学に入り、コミュニケーションも苦手ではない。何処にでもいる人間だが、人から嫌われるようなことは少ないと自分を評価していた。そんな自分がまさか生徒とのコミュニケーションで苦労するとは思わなかった。教育実習生はその存在だけで、生徒からちやほやされ、楽しい実習期間が過ごせるのだと思っていたが、そうではなかったのだ。


もちろんその生徒は悪ふざけのつもりなのだろうが、僕はある女子生徒から軽い嫌がらせのようないたずらをされた。原因は色々あるだろうが、一つは黒板に書く文字が異様に汚く、また書き順もばらばらだったことだ。


もう少し長い期間、生活を共にできると、色々な部分を見てもらえるのだが、教育実習とは特殊な環境で、授業のテクニックでその先生の評価がされてしまうということがある。ホームルーム学級ではないところで授業をするとそれはなおさらだ。



冒頭には書いたが、授業づくりなどで苦労することは予想していたが、まさか生徒とのコミュニケーションで苦労するとは思っていなかった。このことは、ただでさえ忙しい教育実習中、大きな負担となった。

今までとは違う中学生に触れあうということ

自分は今まで、ボーイズの活動の中で、野球をやりたくて集まってくる男子中学生としか関係を築いたことがなかった。毎日学校に集まってくる生徒は全員がそうとは限らない。


勉強をやる気で登校してくる子もいれば、そうでない子もいる。また、今まで、あまり接したことのない女子生徒もいる。自分がどれだけ狭い世界で指導をしていたかを思い知らされた。



だが、来年の今頃には、同じように、様々な背景で育ってきた男女の中学生に授業をしなければいけない。自分は中学生と会話をすることに長けているという思い込みはこの辺りで捨てて、どうしたら信頼関係を築くことができるかを考えて接するようにしなければいけない。


だが、一つ安心したのは、教育実習期間でも、後半、段々と打ち解けてくると、自然と距離感がつかめてくるのだ。生徒は初対面の時、色々な方法でその先生がどのような人間で、どの様な反応をするのかを窺っている。それならばこちらも、真摯に対応するしかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました