教育系

スポンサーリンク
教育系

グラウンド整備は嫌いじゃない。割と好きだ。

2020年3月、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府は全国の小・中・高校に異例の休講要請を出した。それに伴って、ボーイズリーグの大会も延期・中止となり、チームの活動も自粛となった。いつもなら中学生と野球をしているはずの週末も、ぽっ...
教育系

【読書録】『虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか』

子どもが育つ課程では、家庭・学校・地域、場合によっては宗教など様々な機関が一人の人間の人格形成に影響を与える。ただ、その中でも家庭の影響が圧倒的に大きな影響力を持つことは言うまでもない。石井光太著『虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか...
教育系

「どういう教育してるんだ!」は特大ブーメラン

今回は短めの記事で。先週の日曜日にあった話を紹介したいと思う。僕の個人的な反省の話と、そこから派生した地域教育の話が主な内容となっている。話がだいぶ飛んでしまったが、教育に興味のある人には読んでもらいたい。 バス掃除 僕はこの...
教育系

2020.1.12指導者講習会「スポーツ指導における暴力撲滅とコンプライアンス」

2020年1月12日の午後、ボーイズリーグ神奈川県支部の賀詞交歓会の前に指導者講習会が開催された。講師は東京にある清水法律相談所の弁護士、溝内健介先生がつとめてくださった。今までいくつかの指導者講習会に参加したが、野球のセミナーを弁護士の...
教育系

【危機管理】事故を未然に防ぐ、ヒヤリハット「1:29:300の法則」

「危ない!」野球をやっていると、一日に一回はこの声を聴く。打球が思わぬ方向に飛んだり、気が付いたらネットに穴が開いていたりするのだ。この記事では、自己を未然に防ぐための考え方について最近知った法則を紹介したい。 ハインリッヒの法則 ...
教育系

【LGBT】どうして子どもを下の名で呼び捨てにするのか?

僕は最近、選手を下の名前で呼ぶように心がけている。しかも呼び捨てで。選手なら感じている人もいるかも知れない。もちろん、今までの呼び方を簡単に変えるのは難しいので、苗字で呼び続けている選手もいるが、なるべく下の名前で呼ぶようにしている。さら...
教育系

【歴史から学ぶ】江戸時代の会津藩から考えるクラブチームの存在意義

今回はクラブチームの存在意義について考えてみようと思う。部活動にも当てはまることだが、「自分はこういう思いから、ボーイズの活動は大事だと思う!」という考えを示すために、あえてクラブチームにあてはめて考えてみる。 会津藩の「什」という...
中学生に向けて

吃音を笑うやつほど愚か者はいない

世の中には「吃音(きつおん)」といって、時々言葉が上手く出てこない人がいる。今回はそのことについての僕の考えをまとめてみた。 僕の周りの吃音 思うように言葉を発することができない。このような症状を「吃音(きつおん)」という。こ...
教育系

これから教育実習に行く人へ ~一期一会~

教育実習の意義について、春学期の終わりにふと振り返ってみようと思う。 僕は5月の後半から6月の半ばまでの三週間、母校へ教育実習に行った。そこでは様々な経験ができたが、あまり書かないほうがよさそうなことも多いので、抽象的な話に...
教育系

教育実習で軟式野球部にお邪魔して感じたこと

教育実習で、僕は中学校にお世話になった。その中学校には軟式野球部があったので、3週間、時間がある日には練習に参加した。時にはノックを打ったり、簡単にバッティング指導したり、ベースランニングの指導をしたり。自分から何かを教えることは絶対にし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました