【ライフコーチング】社会人2年目でコーチングを受けて、ガチで人生が変わったと思うんだ。

コーチング

突然ですが、コーチングというものをご存知でしょうか?コーチングをしていると友人に言うと、よく「野球のコーチ?」と言われます。確かに僕は中学野球のコーチもやっているのですが、いわゆるコーチングとは、対話を通してクライアントの目標達成を応援する、面談形式のサービスです。

社会人2年目を迎える春、コーチングのお話を頂いて試しに受けてみたところ、冗談抜きに人生が変わりました。コーチングを受け続けて1年がたった今もなお、定期的にコーチングセッションを受けています。

今回の記事では、僕が実際にコーチングを受けて良かったことを紹介します。

目標が明確になる

まず、コーチングを受けて一番変わったことは、自分の本当にやりたいことが明確になったことです。もちろん、それまでも目標はあったのですが、社会人になってからの忙しい日々の中で自分が本当は何をしたいのかを見失いつつありました。

コーチングの時間を通して、自分が本当に大事にしたいことは何なのかを言葉にして、毎日同じことを繰り返していた日々、を目標に向かって動く時間へと変えることができました。

目標は言葉にして初めて、達成への道のりが始まります。あなたも、目標を口に出して最速で日々を積み重ねませんか?

ぼやけていた目標が明確に

行動が変わる

目標がはっきりすると、日々の生活の中で必要なことが見えてきます。僕はずっと目をそらしていた生活リズムの改善、具体的には夜型から朝型への切り替えに成功しました。

「そんなことか」と思うかもしれませんが生活リズムを変えるというのはかなり大変なことで、個人的には結構苦労しました。

コーチングは、セッションの中で対話を重ねることで自分の本当の想い(「本当はやった方が良いことはわかっている」等)に気付き、そこから目をそらさずに、向き合うことで行動を加速させていきます。

何度も同じことにチャレンジしては、行き詰ってやめてしまう。こんなことを繰り返している人にコーチングは非常にオススメです。

本当に必要な行動に向かう

それは本当に自分の本音なのか

これだけずっと野球に関わっている僕でも、野球をやめようかなと考えたことがありました。2021年の秋から冬頃にかけてだったでしょうか。

思うように野球に行けない日が続き、いつの間にか自分の中で野球は大切ではないと、自分に言い聞かせていました。

「もうコーチもやめてもいいかもな」

そう思ったときに、ちょうどコーチングのセッションがありました。

人は弱い生き物です。

しんどいと、「やりたい」という気持ちよりも「今この瞬間にできていない自分」が勝って、やらない方が良い理由を探すようになります。僕も、「仕事が」「将来が」などと野球から離れる言い訳を頭の中に並べていました。

コーチングで、コーチと一緒に本来の自分を見つめ直すことで、やはり野球を通して見たい景色があるのだと思い直すことができたのです。

本来の自分に正直になれる

自分もコーチングを提供してみたいと思うように

何度もコーチングセッションを受けているうちに、自分自身の考え方に大きな変化が現れていることに気が付きました。もっとできるはずだ、と自分に言い聞かせることができるようになっていました。

こういう経験を、野球や塾の教え子だけでなく、様々な年代の人にも提供したい。心からそう思うようになり、自分自身もライフコーチとしての学びを始めました。

もちろん、自分もコーチングセッションは受け続けようと思っています。自分が成長しながら、関わる人を全力で応援できるような存在でいたいと思います。


僕のコーチングを受けてみませんか?

・25歳男性
・大学時代は文学部(ド文系です)
・教員免許取得済み、現在は小中学生集団塾の塾講師
・休日は野球と子どもが好きな中学野球のコーチ
・自分を知ってもらうためにブログを始める
・趣味は東北地方を旅すること
・特技は長距離運転と車中泊





コメント

タイトルとURLをコピーしました