【伝統とは】入団式でモチベーションアップ爆上がりした話

野球

昨日は相模原ボーイズの34期生入団式だった。今年の新入生は久しぶりに少人数だ。4人の新入団生はみんな緊張していて微笑ましかった。

毎年思うが、「第○○期生」の数字を見るたびに、チームの歴史の深さを再確認する。新代表の言葉にもあったが、チームの運営体制はこの四月を機に変わる。チームからいなくなる人はいないが、役職が変わったのだ。平成もあと一か月というところでチームは新しいカタチへと向かう。今回、うちのチームを選んでくれた4人は、新しい時代の相模原ボーイズを一緒につくっていく仲間たちだ。

伝統と革新

これから、元号も「令和」に変わり、新しい時代へと入っていく。実際には、元号が変わるから時代が変わるということではなく、日々、社会が変わり続ける中で、元号が変わるだけの話なのだが。

ここ数年で、野球に限らずスポーツの不祥事のニュースは数えたらきりがないほど報道された。おそらく昔だったら、大ごとにはならないこともあるのかもしれない。大人は言う。「時代が変わった」と。

それなら、新しい時代に合った野球をしていかなければいけない。いや、時代に合わせるだけでは遅い。時代を作るつもりで動いていかなければいけない。

伝統とは守るものではない。作るものだ。野球というスポーツにも、相模原ボーイズというチームにも、伝統はある。その伝統は守るためだけにあるのではないのだ。伝統のいい部分は次の世代までも残し、修正すべき部分は壊し、新しく作らなければいけない。

相模原ボーイズというチームも新しい伝統を作る時代に入ったのだ。

なんのために

この春から新たな4人の仲間を迎えて、チームの活動をさらに盛り上げていくことになる。だが、その4人の荒廃が入ってこないことには、野球チームは成り立たないことになる。

だから、この一年は今の2,3年生となんとしても上部大会に行きたい。特に三年生には悔いのないように引退・卒団してほしい。というか、させなければいけない。2,3年生もうちのチームを選んでくれた大切な仲間だからだ。

そして、その活動の内容を次の新入生に知ってもらわなければいけない。広報活動も、今いる選手を大事にするということだ。

僕の中では、チームの内部充実と広報活動のどちらもこの一年間、全力で取り組まなければいけないいけないことだ。うちのチームを選んでくれた34期生の4人のために。また、2・3年生のメンバーのために。そして、OBのために。

今までも、このような気持ちでは取り組んでいた。しかし、今回入部を決意してくれた4人を見て、その気持ちはさらに強くなった。

もちろん、上に書いたように在団生や卒団生の想いも背負って、コーチをやっている。だが、それ以上に、たった4人でも入団してくれた34期生を絶対に悲しませてはいけないとつよく思う。

まだ、小学生とほとんど変わらない小さいからだで、慣れない硬式ボールを追いかけている4人を見れば誰だってそう思うはずだ。絶対にチームの灯を消してはいけない。


大学生としてチームの活動を最優先に動けるのも最後の年だ。自分の学生生活の締めくくりとしても、この一年は相模原ボーイズにコミットしよう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました